使い方次第で心強い味方に

7月 26, 2016 @ 6:52 am

カードローン=借金のイメージが強く、カードローンを利用した事は一回もない。なので、カードローンの事は何も知らないし、あくまでイメージである。今まで、借金はしてはいけない、人からも借りてはいけないし、保証人にもなってもダメだ、お金を貸すならあげると思えと育ってきたため、借金に対するイメージもあまり良くない。

そのため家以外でローンを組んでまで買わなければいけないものってなんだろうと思ってしまう。欲しいものがあればお金を貯めてから買えばいじゃないかと思ってしまう。ローンで払う事で無駄な手数料や利息も発生して逆にもったいない気がする。お金が不意に急に必要になったら人はどうするだろう?

その答はほとんどの場合がおそらく借りるというものだろう。

親、家族、親戚、友人…。

そのなかの一つとしてかなり多くのシェアを占めるであろうと思われるのがカードローンである。

例えば友人に一万円を借りた場合、返す際には当然の気遣いとして食事くらいは奢るだろう。

でもカードローンならばそんな気遣いも余計なコストもかけずにすむ。

また、個人間のお金のやりとりの際に生じるであろう精神的な不利益もカードローンならば感じなくて済む。http://money-textbook.com/